困った時に税理士さんに適切に対処してもらうための基礎知識

こんな時必要!税理士さんの役割とは

良い税理士を選ぼう

どのような方法や知識を身に着けて、税理士が誕生するのでしょうか。 その過程を知っておくことで、税理士の役割の片鱗を見ることができると思います。 税理士になるための道のりを通して、税理士というお仕事とはどのようなものなのかを簡単に把握しておきましょう。

税理士の役割

税理士のお仕事とは、どのようなものがあるのかを具体的に見ていきます。 また、私たちや企業、国にとって税理士が引き受けてくれるお仕事にはどんな役割があるのかなどさまざまな角度から考えて行きましょう。 実際に税理士の手が必要になった際に役立ててみてください。

どのくらいの費用がかかる?

実際に税理士にお仕事を依頼する際に、一番気にかかるのは費用の面だと思います。 確かな税理士依頼費用の相場は存在しないので、事前に依頼する事務所に確認することが大切です。 わからないことはしっかりと確認をして安心して税理士にお仕事をお任せしましょう。

税理士までの過程

例えば新しく会社を設立した際に、どんな税理士を選べば良いのかなどわからないことも多々あると思います。
税理士であれば、みんな同じだと適当に雇ってしまうと不満が溜まってしまうことも少なくはないようですので、良い税理士の特徴を経験者に聞いてみました。
顧問契約をする前に、しっかりと把握をして良い税理士を見極めてください。

まずは、節税についてです。
もちろん経営者であれば誰でも節税はしたいものです。
しかし、税理士の中には節税に消極的な人も多く、あまり話を聞いてくれない場合があります。
確かに無理な節税は税理士の役割である、適切な納税に反してしまうかもしれません。
しかし、そのことをしっかりと説明してくれ、適切な納税の範囲内でできる節税を教えてくれたり、一緒に考えてくれるような顧客サービスを行う税理士もいますので、顧問契約をする前に会話をして判断しましょう。

税理士を一番頼る時期は何と言っても決算時期です。
その決算の時の仕事内容を確認しておきましょう。
どのような打ち合わせがあり、書類の作成はどの程度のものなのかなどを聞いておくことでスムーズな決算処理を行うことができます。
実際、税理士個人の判断で勝手に進めてしまうこともあるようですので、事前の確認が重要です。

顧問契約をする税理士を探す段階で、いろいろ調べている時に相手のレスポンスが遅かったりすることがあります。
契約前のレスポンスで仕事を依頼してからのレスポンスの早さがわかりますので、チェックしてみてください。