>

困った時に税理士さんに適切に対処してもらうための基礎知識

税理士の役割

税理士の独占業務

税理士の仕事として、最も大事なものが独占業務と言われる税理士のみに許されている業務です。
税理士にしか行うことができない業務ですので、仕事を受ける上で強みとも言うことができます。
独占業務は、税務代理、税務書類の作成の代理、税務相談の3つがありますので、きちんと把握しておいてください。

税務代理は本人の代理として、自己申告で納めなければいけない税金を申告する業務で、税務調査の立会もその一つです。

政務書類の作成の代理は、確定申告の書類などの税務申告のための書類を作成する業務となっています。

最後に税務相談は、税金の算出方法などの税に関する相談に対応する業務です。
これは、一般の方でも税に関することの相談を受けてしまいがちですが、税理士の独占業務の侵害となってしまう危険がありますので注意しましょう。

社会的役割

税理士の大きな役割は、税金関系で個人や企業、国をサポートすることで経済活動を支えていくこととなります。

現在日本にはさまざまな税金があり、当然正しく納めなければいけません。
個人で言うと、固定資産税や相続税など、あまりよくわからずに納めているかと思います。
特に自営業などの場合、確定申告をする必要がありますが、この確定申告が少し複雑で、計算の仕方などよくわからないという方が多いです。

企業に関しては、クライアントの企業に利益をいかに多く残すかなどのアドバイスを行い、経営の収支を明確にしたり、確定申告も個人と同様に正しく行うことができますので、企業にとっても個人にとっても必要なパートナーとなります。

また、納税者が正しく税金を支払うことは税金制度を支えていく結果となりますので、国にとっても税理士は大切な存在と言うことができるのです。


この記事をシェアする