>

困った時に税理士さんに適切に対処してもらうための基礎知識

どのくらいの費用がかかる?

依頼にかかる費用

税理士に依頼した時に、いくらくらい費用がかかるものなのか不安になりますよね。
一体、いくらくらいかかってしまうものなのでしょうか?

実は、税理士費用には目安となる基準がないため、相場というものがないに等しいのです。
税理士事務所などはそれぞれ、料金体系が違う場合が多く、価格も違うのでどれくらいの費用がかかるかは一概に言う事はできません。
ただし、大抵の事務所ではホームページを持っており、ほとんどの場合料金体制や価格を掲載していますので、それを参考にいくつかの事務所をピックアップして比較検討してみてください。

一般的に、税理士の依頼費用は大まかに、顧問料と作業料、その他オプション料とに分けられ、顧問料は月々事務所に支払わなければいけないのですが、その事務所ごとに顧問料に含まれる範囲は違いますので、注意してください。

費用の内訳例

先ほど、税理士の依頼にかかる費用の相場はないに等しいと申し上げましたが、一般的にこのくらいの価格帯が多いと思われる内訳をご紹介します。
ほんの参考程度にチェックしてみてください。

「顧問料」
基本的に顧問料は年間を通して契約が結ばれます。
月々1万円から3万円の価格が多いです。

「確定申告代行料金」
確定申告時の代行の料金で、5万円から10万円程かかります。

「記帳代行料金」
月々1万円から3万円程度かかります。
領収書などの記帳の代行のお仕事です。

「消費税申告代行料金」
2万円から5万円くらいの価格が多いですが、年商1千万円以上からの申告になるためそれ以下でしたらあまり関係ありません。

以上の内訳は、事務所によって、または状況によって変わりますので、直接確認することが大切なこととなります。


この記事をシェアする